フルイド

2017

ユベール•ミカエル

説明

「フルイド」(Fluid)は卒業制作で3Dゲームプロジェクトです。クラスの仲間と、三人のチームで作りました。

ゲームの強みは広いレベルでステルスと、音楽に基づく戦いのミックスです。

開発期間は一年半ぐらい掛かりました。

スペック

技術スタック

チーム

ムービー

スクリーンショット

作り方

2016年初頭で大学の先生へ提案したゲームの思いは、Kinectで攻撃をやってWiimoteでUIをナビして、レベルがランダムで準備したのダンジョンクローラーでした。

これから我たちのチームは、色んなゲームプレイのアイデアを確認するため、四つのプロトタイプを開発いたしました。色んなゲームプレイといえば、どう攻撃がやるとか、バトルで動きが自由かタイルマップに沿ってとか。

数ヶ月間で、その四つのプロトタイプのプレイヤーフィードバックから、ゲームプレイが完全に変えました。バトルシステムはもう、ATB有のターンバトルになりました。

案が大学院から受け付けたので、後はもう一回のプロトタイプをやらなきゃならなりませんでした。目的はゲームが完了ときにどう見えるということですから、「ビジョン」プロトタイプと言われました。これから作っているゲームは「フルイド」で呼ばれます。

四つの最初プロトタイプ
「ビジョン」プロトタイプ

2016年9月で新学期ではゲームの開発が本当に始まりました、用事がたくさんあるの仕様作成フェーズとして。またゲームプレイの変更、UIスタイルの選び、大事なコードの開発、2Dと3Dアセットの作り方の予定、などなど。

2016年10月までには「ゲームデザイン」プロトタイプがみせました。その中にはただ一つのテストバトルと不完全なレベルがありました。

開発が本当に始めたところで、用事はほとんど第一レベルの3Dモデリングと新しいUIデザインの計画でした。

作ったゲームプレイはプレイヤーに好きされたや分かられたのため、たくさんのプレイテストを通しました。バトルシステムはどんなゲームでも似れないので時々はわかりにくいになっちゃた。ならば、明らかUIデザインと多いフィードバックがやはり必要でしょう。アルファ版は2017年2月で完了しました。

「ゲームデザイン」プロトタイプ
アルファ版

ステルス部分とバトル部分の両方で、ゲームの開発がだんだん続ける。第一レベルはもう完了し、バトルシステムはもっと楽しみのために磨きました。

モーションキャプチャーのおかげでプレイヤーが使った攻撃のは良いアニメーションが見せます。ベータ版は2017年3月までにできました。

ベータ版
マスター版

最も進化は細かいことをちゃんと検討して磨けて、ここ数ヶ月でやりました。更に美しく便利してためUIデザインが変えて、ポーズと決定メニューが足しました。

バトル用のスキルはレベルを探検しながらみつかれる、そしてよく使ったらスキルアップができます。

結局、ゲームの開発は2017年6月末の締切までに終了しました。

UIデザイン

タイトル画面は普通の「Press Start」のかわりに、バトルシステムのように音楽のリズムを聞きながらボタンを押してと、タイトルへ進める。これで最初から、プレイヤーは気付けないでバトルの仕方を学びます。

セーブデータがあれば速くゲームに戻るように、メニューの「コンティニュー」が既に選びました。

レベルで探険とバトルが一人称視点なので、UIはプレイヤーやの左腕の上にホログラムで置きました。

ご利用できる物に近づけるところに、すぐ左腕が上げて、できるアクションを見せます。

ホログラムは2つである。上側のはできる選択を見せて、下側のは色んな情報を見せます。速いナビのために、ある一つアクションでは一つボタンを押しで決めました。

ゲーム設定の中でフォントが変われます。アクセシビリティを大したから、失読症がある人のために特別なフォントが決まれます。

リズムシステムが画面の下側に表示されってます。正しい時間でボタンを押したら、バトルポイントが上がって、そして戦えます。

敵の上のバナーには丸でライフバーがあるし、次の攻撃までのカウントダウン(ATB)もあるし、毒や電撃された情報も見せます。

バトルUI

3Dモデリング

コードやデサイン以外は、「ウエアハウス」と「データセンター」のレベルに3Dモデリングをしました。

取り込み中...
コンテナのトランスポーター電車
取り込み中...
エレベータ
取り込み中...
取り込み中...
ラウドスピーカー
取り込み中...
ラックサーバー
取り込み中...
サーバークローゼット