ムードマン

2014

ユベール•ミカエル

説明

「ムードマン」(Mood Man)は48時間で作ったミニゲームである、2014年のグローバルゲームジャムの機会に。

ゲームプレイに関して、2Dプラットフォーム系です。一人プレイヤーはマウスでプラットフォームの影を動けおいて、もう一人のプレイヤーはキーボードでヒーローを動いて次のステージへ進むように。基本的にコーププレイです。

スペック

技術スタック

チーム

スクリーンショット

作り方

ゲーム開発で僕の責任がヒーローの動きをいたしました。

今回のグローバルゲームジャムのテーマは「We don't see things as they are, we see things as we are.」ということでした。チームの編成が完成したとき、すぐにゲームのコンセプトを考えました。

始めに、世界を感じる方や五感を考えたが結局、プラットフォームゲームに決めました。ステージのプラットフォームがプレイヤーに動かされたと次のステージへ進めますとういうことです。

やっと、ゲームプレイのやり方がみつけました。プレイヤーは後ろの光源を動いたら、ステージのプラットフォームの影が立てる物になって、ヒーローが進めます。

ヒーローは三つの世界で色んなレベルを渡しています。三つの世界は色と音楽で違います。