ペインホッグ

2015

ユベール•ミカエル

説明

「ペインホッグ」(PainHog)は48時間で作ったミニゲームである、2015年のグローバルゲームジャムの機会に。

ハリネズミのヒーローの運命は死神に決めされました。死ぬ時間まで死神の喜びために、ヒーローは最も面白いやり方で自傷をしなきゃなりません。

スペック

技術スタック

チーム

スクリーンショット

作り方

ゲーム開発で僕の責任が色々でした。UIとメニューをデザインしたり、衝突システムを準備したり、アイテムの利用を作ったり、同僚が置いたレベルを集まりました。

今回のグローバルゲームジャムには「What do we do now ?」というテーマが出たので難しそうでした。これから当たり前ことは、「プレイヤーは何とか決めなきゃことがなければならない」とみんなは思いました。

そして、いつものゲームのルールを逆にしましょうって思いました。ゲームの目的が死にたくないのかわりに、どうでも死ななきゃいけませんということです。

その暗い選択を相殺ために、ゲームの絵などは子供っぽいと決めましたと、ヒーロはもちろん人間じゃなくて可愛い動物になりました。

ゲームはテーマと関係あるので、プレイヤーは家にある物を決めて使って、死神の命令による自傷するつもりです。

それでも早く死ぬことは楽しいんじゃありません。5分間の定期で、ヒーローはポイントを増えるため自傷できて、それともポイントを失いながら治せます。こういう、プレイヤーはその二つの選択を適当しなきゃならない、最高のスコアを目指ために。

ゲームは2Dで見えますが、プレイヤーの動きと物の利用は簡単にするように、レベルは全部3Dで置きました。

チームの同僚は多くても、良い協調性で開発がスムーズに続けました。ただの困難はレベルの置く方とヒーローの動き方でした。

最初の思いと会えなかっても、結果は喜びました。いつも通りグローバルゲームジャムで集まりことが、次のゲームの開発と役に立つ忘れられない経験でした。